近年、注目を集める投資ビジネスとして「コインランドリー経営」があげられます。
自分の時間を有効活用しながら効果的に資産を増やすことができるコインランドリー経営は、働く世代はもちろん定年退職後のシニア世代に魅力あるビジネスとなっております。
TVでも取り上げられることが多くなった昨今、コインランドリー経営に興味をお持ちの方も多いかもしれません。

どんな人にコインランドリー経営が向いているの?

①法人、個人のお客様を問わず、「所有している土地を有効活用したい」とお考えの方

自社や自分の土地を持っている方であれば、コインランドリー経営は特におすすめです。
土地はあるけど一等地ではないから…と諦めないでください。
コインランドリー経営は地域密着型のビジネスであり、通りすがりのお客様を対象としていません。
コインランドリーを開業した際に、月々の維持費用として以下のようなものがあります。

家賃(賃貸の場合)
水道光熱費

※コインランドリーの売上に応じて水道光熱費が変動致します。
売上が増えれば水道光熱費も高くなりますが、その他のコストはほとんど変わりませんので全体的な利益率が高くなります。
逆に売上が低い場合は最低限の水道光熱費となります。月々の売上のうち、約24%程度が水道光熱費とお考えください。

雑費

洗剤代やインターネット通信費、保険代など
※洗剤代も水道光熱費同様、稼働に応じて変動致します。月々の売上のうち約4%程度とお考えください。

人件費

※オーナー様の負担を軽減するために、清掃のアルバイトを雇った場合や弊社の管理代行サービスを依頼された場合

これらの維持経費を合わせて25万円だったとします。月々の売上が50万円だった場合、売上50万円-経費25万円=利益25万円となります。

家賃が不要であれば更に利益額が高くなりますので、投資金額の早期回収が期待できます。ぜひ土地の有効活用の方法の一つとしてコインランドリー経営をお考えください。

②今のお仕事を続けながら副収入を得たい方

現在の収入に不安を抱える方や、定年退職後の年金の受給額に不安を抱える方は少なくありません。

「今の仕事を続けながら副業で収入を得たいけど、体力的に心配」「店舗経営をしてみたいけど、出来るだけ手間はかけたくない」
専門知識や経験が不要なコインランドリー経営は、働く世代の副業としてもおすすめです。

コインランドリーは基本的に無人での営業となりますが、毎日の清掃やトラブル対応等は必要となります。
「本業の合間にこれらを行うのは難しい…」と思った際は、ぜひご相談ください。

“ララ・ドリームでは忙しいオーナー様に代わってコインランドリーの店舗を管理する代行サービスも地域により有料にてご用意しております。”
 ぜひ副収入を得る方法の一つとしてコインランドリー経営をお考えください。

コインランドリーがオープンした後は

コインランドリーは基本的に無人での営業となります。だからと言って、何もせずに売上が上がるわけではありません。コインランドリーがオープンしてからの流れをご紹介いたします。

★清掃

出来るだけ毎日清掃することが大切です。コインランドリーは無人であるため「店内の印象」によって集客が決まります。コインランドリー利用の半数以上が主婦層の方々であるため、明るく入りやすい店づくりがリピーター確保のカギとなります。
主な清掃場所や方法は以下の通りです。

①洗濯乾燥機・乾燥機のフィルター

洗濯乾燥機・乾燥機のフィルターは、ホコリが一番たまりやすい場所です。フィルターのホコリが溜まってしまうとエラーの原因になってしまうため注意が必要です。

②洗濯機・洗濯のドラム

よく絞った布で拭きあげてください。

③洗濯機・乾燥機の取っ手や窓、外観

指紋や手垢の汚れが付きやすい箇所です。固く絞った布で水拭きしましょう。

④ホコリとり

テーブルや棚などの高い場所のホコリを落としてから、床掃除を行いましょう。

⑤ゴミ拾い

ゴミ箱のゴミ回収や雑誌置き場の整理、店内だけではなく駐車場等のゴミや草取りなども行いましょう。

★集金

集金の頻度が少なすぎると店舗に大金を置いておくことになり、万が一盗難があった際に被害が大きくなってしまいます。売上に応じて週に1~2回程度の集金を行うようにしましょう。

★トラブル対応

ランドリー利用のお客様から頂く電話の内容は機械の使い方を教えてほしい、洗えるものを教えてほしいといった質問から機械が故障している、機械にお金を飲み込まれてしまった等の返金作業が必要な内容など様々です。

毎日あることではありませんが、ご利用のお客様がお困りになった際の対応はとても重要なお仕事となります。お客様にリピーターになって頂くためにも真摯に対応しましょう。

コインランドリーを経営する際には、これらの作業が必要となります。店舗から自宅が離れていたり本業が忙しい場合には、これらの作業が大きな負担に感じるオーナー様もいらっしゃると思います。
“ララ・ドリームではそんなオーナー様に代わってコインランドリーの店舗を管理する代行サービスも地域により有料にてご用意しております。”
 ぜひ副収入を得る方法の一つとしてコインランドリー経営をお考えください。